あなたはどのタイプ?骨盤のゆがみの3つのタイプ

骨盤のゆがみには様々なタイプがあります。
大きくわけると、骨盤が前傾・後傾しているタイプと骨盤が左右に傾いているタイプに分けられます。

Sponserd Link

骨盤のゆがみのタイプによって腰痛の原因や対処方法が変わってくるので、自分のゆがみのタイプを把握することがとても重要です。

まずはこれから紹介するチェック方法で自分の骨盤のゆがみがどのタイプかを確認してみましょう!

 骨盤の前傾・後傾タイプのチェック方法

①壁に背中をくっつけてまっすぐに立ちます。
この時、後頭部・背中の全面・かかとが壁につくように立ってください。

②自分が楽な姿勢で立ち、手のひらを壁と腰の間の隙間に入れます。手の入り具合で骨盤のゆがみタイプを判断していきます。

1 手のひら1枚分しか入らない→骨盤にゆがみのない正常な状態です。

1 手のひらがすっぽりと全部入る→骨盤前傾タイプ
腰と壁との間に隙間が出来てしまう人は骨盤が前に傾いている「骨盤前傾タイプ」です。このタイプの特徴は骨盤が前に傾く事により「反り腰」になってしまっています。

ぽっこりお腹でお尻が後ろに出ている女性に多く、腰椎が湾曲してしまっているので腰痛にもなりやすいタイプです。

1  手のひらが入りにくい、入らない→骨盤後傾タイプ
腰と壁との愛だに隙間ができない人は骨盤が後ろに傾いている「骨盤後傾タイプ」です。このタイプの特徴は骨盤が後ろに傾いていることにより腰椎のカーブが浅くなってしまっているので「猫背」になりやすいです。

 猫背になると姿勢が悪くなり腰痛・肩こりなどの様々なトラブルの原因となるだけでなく、疲れた印象を与えてしまいます。また、筋力の弱い高齢者や下半身の筋力が弱い人も骨盤後傾タイプになりやすいです。

 骨盤の左右のゆがみのチェック方法

①手足を楽な姿勢で開いて仰向けになります。
この時、全身の力を抜いてリラックスしてみてください。

②足のつま先に注目してみてください。
左右どちらかに大きく開いていたり、長さが違っているかチェックし判断します。

 

1 つま先の開きや長さが左右均等→左右のゆがみのない正常な状態です。

1 つま先の開きや長さが左右違う→骨盤が左右に歪んでしまっている状態です。骨盤さ左右に歪んでしまっている人の特徴は、左右どちらかに骨盤がゆがんでしまっているせいで左右の筋力が平等に使われていないため、片側の筋肉が硬直してしまいます。片側の腰だけが痛い、という症状の多くはこの骨盤の左右のゆがみが原因です。

 ※この他のチェック方法としては鏡に全身を写した時に、ウエストのくびれの位置を見てみます。

左右均等であれば正常ですが、左右でくびれの位置が違う場合は、左右に歪んでしまっている状態です。

 あなたはどのタイプでしたか?次回は、ゆがみのタイプ別の対処方法を紹介していきます☆

そり腰を治すクッション

残念ながら、そり腰はストレッチだけではなかなか改善できません。
何気なく座っている座り方も実は反り腰の人は悪い姿勢になっているので、正しい姿勢で座ることで反り腰を矯正することができます。

おすすめのそり腰矯正クッションは、ボディメイクシートスタイルというクッションです。

座るだけで正しい姿勢が身につくので頑固なそり腰が改善された!と口コミでも人気の矯正クッションです。

>>座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

そり腰を治すクッション

そり腰の人は寝方を気をつけるだけでなく、正しい姿勢で座ることも反り腰改善のためには重要です。そり腰矯正クッションで正しい姿勢を身につけることが反り腰改善の近道です!

おすすめの反り腰矯正クッションは、ボディメイクシートスタイルです。

座るだけで反り腰が改善できるので、なかなか改善されないとお悩みの人におすすめです。

>>座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

Sponserd Link