あなたは大丈夫?間違った姿勢が反り腰の原因です!日本人女性のなんと8割が「反り腰」であると言われています。
だから、反り腰が日本人女性の腰痛の原因ナンバーワンなんですね。

ほとんどの反り腰の人は、腰痛が出るまで自分が反り腰であるという自覚症状がなく、むしろ「自分は姿勢がいい」と勘違いしています。

ある日突然の腰痛に襲われて病院・整骨院などで「反り腰」と診断される人がほとんどですが、そもそも反り腰の原因は何でしょうか?

Sponserd Link

849_0_00
Baidu IME_2013-9-6_21-8-54

反り腰のそもそもの原因は「胸の張りすぎ」です。

一般的に「良い姿勢」は、顎を引いて胸を張って背筋を伸ばす!というのが鉄則ですよね。

でも、必要以上に胸を張りすぎることで背中と腰の間にきついカーブができてしまい腰に負担がかかり腰痛を引き起こしてしまうのです。

この状態がいわゆる「反り腰」です。

02sss 反り腰になってしまう「胸の張り方」とは?

本来の良い姿勢の「胸を張る」姿勢というのは、
視線を前に向けて胸を上に上げることです。

それに対して、反り腰にの人の「胸を張る」姿勢は、
背中の肩甲骨を寄せて胸を横に開いている状態です。

肩甲骨を寄せて胸を突き出すと、自然と全身のバランスを取るために腰が反ってお尻が出てしまいますよね。

また、肩甲骨を常に寄せていることで背中の筋肉も硬直してしまうので「いい姿勢」をしているつもりでも背中が痛くなり、だんだん腰も痛くなってきてしまうのです。

本来の「胸を張った良い姿勢」ではなく「胸を張りすぎた悪い姿勢」の反り腰は、背骨が歪むことによって周りの筋肉までもが歪んだ形で定着してしまいます。

このことから、反り腰の姿勢が定着してしまっている人はその姿勢が自分にとっては違和感の無い「楽な姿勢」であるのとが多いことが反り腰の自覚症状がある人が少ない理由なのです。

02sss 細身なのにポッコリお腹は反り腰のせい!?

痩せているのにお腹だけポッコリ出ている人、けっこういますよね。
それは太っているからではなく、反り腰のせいでお腹が前に突き出ているのでお腹がポッコリ出ているように見えてしまうのです。

本来の「良い姿勢」に矯正するだけでポッコリお腹が解消されることがほとんどなので、細身なのにポッコリお腹の人は自覚症状がなくても反り腰を疑ってみてくださいね!

そり腰を治すクッション

女性の反り腰は正しい姿勢で座ることで改善されやすくなります。
おすすめのそり腰矯正クッションは、ボディメイクシートスタイルというクッションです。

座るだけでそり腰を矯正して正しい姿勢が身につくので、頑固な反り腰にお悩みの人におススメです!

>>座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

Sponserd Link