秋冬の腰痛対策

秋冬は腰痛がひどくなりやすい季節です。
秋が深まり気温が下がってくると、今まで以上に腰痛がひどくなって痛みを増すのは「冷え」が原因です。

女性のための秋冬の腰痛対策方法を紹介します☆

Sponserd Link

体を温めて腰痛予防!

秋冬に腰痛がひどくなる原因として「冷え」が考えられます。

体が冷えると血液の循環が悪くなったり、代謝が悪くなることで筋肉が硬直しやすくなり、腰痛がひどくなってしまうのです。

冷えから腰痛を守るためには、体を温めることが大切です。

温かい服装で腰痛予防!

秋冬に、体が冷えやすい女性はなるべく温かい服装を心がけましょう。

オススメなのは、腰をすっぽり包んで温めてくれる腹巻。
腹巻は腰だけでなく子宮も温めてくれるので、女性特有のつらい腰痛を緩和してくれます。

生姜で体の芯から温める

生姜は体の芯から温めて血行を促進してくれるので、冷え性の緩和になる食品として注目を集めていますね。

オススメなのは、ジンジャーティー。
紅茶の中に生姜の薄切りを1枚入れるだけで、体がポカポカ温まるジンジャーティーになります。

更に、黒糖を少し入れるとミネラル分もプラスされるのでオススメです!

お風呂で体を温める

秋冬の腰痛対策として特に有効なのが、ぬるめのお風呂に長く浸かって体の芯から温めることです。

40℃位のお湯だと、体の表面しか温めることしかできないので腰痛対策効果は期待できません。

秋冬の腰痛対策としておすすめなのは、35℃~37℃のぬるめのお風呂に30分以上浸かること。最初はぬるいかな?と感じるのですが、30分以上浸かっていると体の芯からポカポカ温まり、腰痛が緩和されるのでオススメです!

Sponserd Link