そり腰を治す!正しい歩き方
そり腰の人の歩き方は、胸が前に出ていてお尻が後ろに出っ張っているので、横から見ると腰が反っていて不格好な歩き方をしています。

そのせいで、腰や背中に負担が掛かるので痛みを生じる原因にもなってしまいます。正しい歩き方をすることで、そり腰を治すことができるので意識して挑戦してみましょう!

ここでは、そり腰を治す!正しい歩き方を紹介します星

Sponserd Link

実践!そり腰を治す歩き方

①背筋をまっすぐ伸ばして、顎を後ろに引いいて立ちます。
この時、そり腰の人は無意識でお尻が後ろに出てしまっているので、おしりをキュッと閉めて前へ押し出す感じを意識しましょう。

②歩く時、そり腰の人は胸から前に出て歩いてしまう傾向にあるので、腕を前後に大きく振りながら、おへそに力を入れて胸を後ろに押し込む感じで歩きます。

③肩幅の歩幅であるき、かかとから着地します。意識していないとすぐに腰をそらせて歩いてしまうので、常にまっすぐな姿勢を意識して歩くようにしましょう!

反り腰は骨盤のゆがみが原因のことが多いので、骨盤矯正が効果的です。

履くだけで無理なく骨盤矯正ができる、骨盤矯正ガードルが効果が高くおすすめです。

おすすめの骨盤矯正ガードル

矢印アイコン骨盤矯正ガードルの人気ランキング

そり腰を治すクッション

そり腰の人は歩き方だけに問題があるわけではなく、座り方にも大きな問題があります。
無意識で「悪い座り姿勢」になっているので、そり腰を悪化させてしまっているのです。

座り姿勢を正しく矯正することで、美しい姿勢を体が認識していきそり腰を改善することができます。

色々なそり腰矯正クッションが販売されていますが、今一番人気のそり腰矯正クッションはボディメイクシートスタイルという、椅子の上に置いて使うタイプのクッションです。

座るだけで頑固なそり腰が改善された!と口コミでも評判が高い人気の矯正クッションなので、そり腰でお悩みの人におすすめです。

矢印アイコン座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

Sponserd Link