反り腰で痛みがある場合のストレッチ

反り腰で痛みがある場合、ストレッチをして痛みを解消したい!と思いがちですが、痛みの度合いによってはストレッチをすると更に悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

Sponserd Link

反り腰で痛みがある場合、ストレッチはNG!

反り腰が原因で痛みがある場合、いきなりストレッチをするのは絶対にNG!

痛みが出ているということは、筋肉が炎症を起こしている状態です。

ストレッチで早く痛みを取り除きたい!
と思う気持ちはよくわかりますが、痛みがある時にストレッチで更に筋肉に負荷をかけてしまうと筋肉の炎症が更にひどくなり、痛みも増してしまうので絶対にやめましょう!

痛みがある場合の対処法

反り腰が原因で痛みが出ている場合、凝り固まって炎症を起こしている全身の筋肉をゆるめることが先決です。

まず、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって全身の硬直した筋肉をほぐしましょう。

入浴後に痛みが軽くなってきた場合のみ軽いストレッチをしましょう。
(※痛みが残っている場合は無理にストレッチはせず、背中を丸めて横になり体を休ませましょう。)

痛みが軽い場合のストレッチ方法

①床に仰向けで横になり膝を抱えます。
②そのままの状態で倒れないように体を左右に揺らします。
③左右10回×3セット行います。

このストレッチをすることで、反り腰によって硬直した腰~背中の筋肉を無理なくほぐすことができます。
少しでも痛みを感じたらすぐに中止して体を休ませてくださいね☆

おススメの反り腰改善ストレッチ

反り腰を改善するためのストレッチ方法のおすすめは、骨盤クランチという本に載っているストレッチ方法です。



クランチ=腹筋という意味で、骨盤を意識した無理なくできる腹筋方法です。

反り腰は腹筋を鍛えることで劇的に改善されます。
でも、女性はもともと腹筋が弱く鍛えるのが難しい場所ですよね。

でも、このストレッチ方法なら女性でも簡単に腹筋が鍛えられ反り腰を改善することができるのでオススメです!

>>反り腰も治る!「骨盤クランチ」の詳細はこちら

Sponserd Link