女性の腰痛の色々な種類と原因をチェック!
腰痛は日常生活の中で起こりやすく、一度腰痛を抱えてしまったら完治に時間がかかってしまうものです。 特に家事や育児で立ったり座ったりすることが多い女性は腰痛になりやすく、また治りも遅いのでつらい痛みに耐えなければならないこともありますね。

立ち上がるのもつらい、歩くのもつらい・・・腰痛になんてなりたくないですよね。 女性の腰痛のメカニズムを知ることで、腰痛予防に役立てましょう。

Sponserd Link

女性に多い色々な腰痛の種類

私たち人間は腰を中心として歩く、座る、横を向く、前屈する・後ろに反らすなど様々な動作を行いますよね。

知らず知らずのうちに色々な動きをするたびに腰に負担がかかっているのですが、腰に負担がかかりすぎると筋肉や靭帯・骨に異常をきたして腰痛が発症してしまいます。

「腰痛」とひとくくりに言われますが、女性の腰痛にはいくつもの種類がありそれぞれに原因と治療法が異なってきます。
軽い腰痛の場合はストレッチで自分でも治すことができますが、慢性的で悪化した腰痛はストレッチなどでは治すことはできないので専門機関で受診しましょう!

筋肉性腰痛症

アイコン腰痛の中で一番多いのが「筋肉性腰痛症」です。 この筋肉性腰痛症になる原因は、日常の生活の中で姿勢が悪かったり、なんらかの原因で身体に疲労が蓄積することにより腰の周りの筋肉が炎症を起こして腰痛を発症します。 筋肉性腰痛症は比較的軽い症状なので、日常生活を見直して腰痛改善運動などを行い腰の周りの筋肉の緊張をほぐすことで腰痛が改善されます。

ぎっくり腰(急性腰痛)

アイコン日常の何気ない動作で腰に「ピキッ」と痛みが走り、痛くて動くことさえできなくなってしまうのがぎっくり腰です。 重いものを持ち上げようとした時によく発症し、例えるなら「腰の捻挫」のようなものですがとても痛くつらい症状です。 ぎっくり腰の治療方法は安静にする以外にはありません。一般的に3日前後で痛みが和らいできますが、無理して動くと痛みが長引いてしまうので最低1週間は安静に過ごす必要があります。

生理痛による腰痛

アイコン女性には生理周期があり、毎月月経が起こります。 月経には女性ホルモンが大きく関係していて、腰痛を引き起こす原因にもなるのです。 黄体ホルモンの分泌の影響により、生理の3日前くらいから腰痛が起こりやすくなり、整理期間中に腹部と腰部が痛くなる総称が「生理痛」です。 整理期間中は腰部と腹部の血行が悪くなり、鈍痛が起こりやすいので薬を服用する人も多いですが、薬を飲む前に身体をあたためて腰痛対策をしましょう。 湯船に浸かって身体を温めたり、白湯を飲んだりして身体を温め、冷たいものなどは極力食べるのを控えるようにしましょう! [illust_bubble subhead=”腰痛の原因を知ろう!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]

これ以外にも慢性腰痛としてヘルニア・すべり症などがありますが、いずれも治療方法が異なるので自分の腰痛の原因を知ることが最も重要です。 [/illust_bubble]

そり腰を治すクッション

そり腰の人は歩き方だけに問題があるわけではなく、座り方にも大きな問題があります。
座り姿勢を正しく矯正することで、美しい姿勢を体が認識していきそり腰を改善することができます。

今一番人気のそり腰矯正クッションはボディメイクシートスタイルという、椅子の上に置いて使うタイプのクッションです。

座るだけで頑固なそり腰が改善された!と口コミでも評判が高い人気の矯正クッションなので、そり腰でお悩みの人におすすめです。

>>座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

Sponserd Link