腰痛をはじめとする体の不調は「ゆがみ」が原因のものがとても多いです。
骨格がゆがむことにより、筋肉も緊張して硬直してしまい「こり」ができてしまうことが腰痛や肩こりの大きな原因です。

あまり知られていないのですが、この「ゆがみ」が原因で深く眠りにつけなくなってしまうのです。
深い眠りに入れないと、疲労回復ができないだけでなくメンタル面でもダメージを受けてしまうのです。

Sponserd Link

Ren_ai_11548_1
Baidu IME_2013-9-6_21-8-54
人間が生きていく上で「良質な睡眠を取る」ことはとても重要なことですね。
深い眠り(レム睡眠)の時に、成長ホルモンがたくさん分泌され筋肉の回復などの疲労回復を行っています。

05sss 体のゆがみで良質な睡眠が阻害される!?

あなたは、こんなことはないですか?

1 眠いのに、なかなか寝付けない。
1 眠りが浅くて夜中に何度も起きてしまう。
1 時間的にはしっかり寝ていても疲れが取れない。
1 朝、目覚めが悪くてなかなか起きられない。

このようなことが思い当たる人は、もしかしたら体のゆがみが原因で睡眠障害になっているのかもしれません。

 

体のゆがみによって筋肉が緊張・硬直している状態だと、肉体的に興奮状態にあるのでなかなか寝付くことができません。
また、ゆがみが原因で手足のむくみ・冷え性で体が冷えてしまっている場合も深い眠りに入れないのです。

深い眠りに入れないと睡眠時に分泌される成長ホルモンも十分に分泌されないので、筋肉の回復などの疲労回復も阻害されてしまう結果、寝ても疲れが取れないのです。

 

筋肉の疲れが取れないと、どんどん疲労が蓄積していき慢性的な腰痛・肩こりを引き起こしてしまうのです。

05sss 体のゆがみを治してぐっすりと眠る方法

11022006033ぐっすりと深い眠りに入るためには、まずお風呂で身体を温めましょう。
適温は38~40度。ゆっくり浸かって全身の血行をよくして身体を温めましょう。

お風呂の後は、コップ1杯のお水を飲んでからストレッチを行います。
お風呂の後にストレッチを行うことで、緊張していた筋肉がほぐれやすく血行も促進されます。

ストレッチ方法はコチラを参考にしてください☆
>>5分でできる!腰痛改善ストレッチ

ポイント2
寝る直前にストレッチをしてしまうと、体が興奮状態なので寝つきが余計に悪くなってしまいます。
入浴後にストレッチをする時は、就寝の1時間前には終わらせるようにしてくださいね!

 
>>本気で反り腰・腰痛を治したい人必見!効果抜群の腰痛改善方法をこちらで無料公開中!
 

Sponserd Link