横になった時に背中に隙間がある

仰向けに横になった時に背中に隙間があるのは、反り腰の典型的な症状です。
腰が反っているので、背中と床の間に隙間が出来てしまうのです。

反り腰をそのままにしておくと、腰痛などを引き起こしてしまいます。

Sponserd Link

背中に隙間がある時の対処法

横になった時に床と背中の間に隙間があるからと言って、その隙間にタオルやクッションを挟んだりするのは絶対にやめてください。

一瞬楽になったような気がしますが、腰を反らせたままの状態を続けると反り腰が悪化するだけでなく、腰痛を発症してしまいます。

 

仰向けに横になった時に背中に隙間がある時は、横向きの体勢で横になり体を丸めるようにしてください。

こうすることで、外側に反った腰を内側へ矯正することができます。

そり腰を治すクッション

背中に隙間がある人は、座り方にも問題があると考えられます。何気なく座っている楽な座り姿勢が、実は悪い姿勢で腰を反らせてしまっているのです。

座り姿勢を正しく矯正すると正しい姿勢を体が認識していき、そり腰を改善して背中の隙間をなくすことができます。

おすすめの腰矯正クッションはボディメイクシートスタイルという、姿勢矯正クッションです。

座るだけで姿勢が正しく矯正されるので、背中の隙間が気になる人にオススメ!

>>座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

Sponserd Link