腰痛と女性疾患

腰痛には色々な原因がありますが、女性ならではの腰痛もあります。
その痛みは、子宮や卵巣などの疾患からのサインということもありえるのです。

生理時の腰痛以外にも腰に気になる痛みがあるようなら、女性疾患を疑ってみましょう。

Sponserd Link

腰痛と女性疾患の関係

私たち女性は、骨盤の中に子宮と卵巣があります。
この子宮と卵巣は内性器と呼ばれ、腰と筋肉で繋がっているので綿密な関係にあります。

こういう理由から、子宮と卵巣に異常があると腰痛になってしまうのです。

例えば、生理中に腰痛になりやすくなるのは子宮の血液の循環が悪くなり、骨盤付近が冷えてしまうためです。
これと同じ理由で女性疾患になると、腰痛が起こってしまうのです。

女性疾患の種類

腰痛を引き起こしてしまう女性疾患はたくさんあります。

・月経困難症
・卵巣嚢腫
・子宮筋腫
・子宮がん
・卵巣がん
・子宮内膜症

これらの女性疾患は子宮・卵巣に大きな影響がある疾患なので、腰痛を発症してしまいます。

女性疾患は腰痛だけでなく、不正出血や身体のだるさ、食欲不振・頭痛など様々な症状が現れます。
体調がずっと優れず、不正出血が続いて腰痛もある場合は、迷わず婦人科を受診して検査を受けることをおすすめします。

女性疾患で腰痛にならないためにも、日常的に体を冷やさないようにしたり、規則正しい生活(食事・運動・睡眠)を心がけるようにしましょう!

Sponserd Link