腰痛対策として大切な座り方のポイントと注意点腰痛になると動けないばかりかトイレに行くのもつらいと感じるほどの痛みに襲われることがありますよね。

腰痛になる原因には座り方が大きく影響しているといわれているので、ポイントを押さえた正しい座り方をすることで腰痛対策をすることができます。

ここでは、腰痛にならないための正しい座り方のポイントを紹介します!

Sponserd Link

腰痛と座り方の関係

腰痛になりやすいのは、長い時間オフィスに座って仕事をすること、そして車の運転など「座り方」がどうしても悪くなってしまう場合が多いのです。

例としては、タクシーやトラックのドライバーは腰痛を抱えてしまうことが多いのも「座り方」が悪くなってしまっていることが原因です。

腰痛は長い時間同じ姿勢でいることが大きな問題になり、それに加えてその座り方が悪いとなると腰にはかなりの負担がかかるということになるのです。

それを避けるためにも、腰痛対策として座り方には注意したいところです。

座り方のポイント

腰痛対策の1つの正しい座り方のポイントは前かがみにならないようにまっすぐに背筋を伸ばして座ること、そして休憩を定期的に取ることです。

足を組んで座ることは時々なら大丈夫ですが、長時間足を組んだままにすることは腰を痛めやすいので注意が必要です。

そしてこまめにトイレに行ったりすることも腰の負担を和らげるためには必要なポイントです。

姿勢を変えることで腰は悲鳴を上げづらくなりますし、ちょっとした動きがリフレッシュにもなるのです。

椅子が合っているか?確認!

そして腰痛対策として座り方だけでなく椅子の高さも大切ですし、それがソフトかハードかということも関係してきます。

自分に合っていないと姿勢は必ず悪くなりますし、座り方もよいものではなくなるだけでなく疲れやすくなりやがて腰痛を招く可能性が高いのです。

そのあたりは自分で工夫をすることが必要になりますが、椅子を交換できないのであればクッションを敷くこととか、ちょっとした腰痛対策になるようなものを腰に当てるなどのことで対応できるかもしれません。

車の運転に関しては腰痛対策になるものははやり姿勢であり、座り方であり、基本的にはオフィスと腰痛対策のポイントは同じです。

シートの位置が無理のないものか、ハンドルの高さ、背もたれの角度こうしたものを調整すること、そして運転中でも正しい姿勢を保つ座り方をすることが腰痛対策予防のポイントになるのです。

Sponserd Link