腰痛対策に!おすすめの椅子の選び方と座り方のポイント

腰痛対策として、もっとも効果覿面であったのは、自身の経験からも椅子を良いものに変えることです。

ずばり言ってしまうと、いくら定期的に整骨院に通おうが、根本的な椅子を改善しないことには、整骨院でのメンテナンスが水の泡になってしまうこともあるのです。

ここでは、腰痛対策におすすめの椅子と選び方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

クッションで腰痛対策!

 

たとえば、デスクワークの会社員の場合、一日の大半を座って過ごしていますよね。

しかし、その腰を預ける椅子が粗悪なものでしたら、腰を痛め続けるわけになるのです。

とは言え、椅子は会社の備品ですから、自分の椅子を持ち込むことが難しい会社もあるでしょう。

けれども、クッションなどの補助用品に関しては、とくに言及されない会社がほとんどですから、ぜひとも腰痛対策のためにも、腰痛対策用のクッションを持ち込むなどといったことは積極的におこなった方がいいでしょう。

椅子を変えるだけで腰痛が改善!?

椅子用のクッションも腰痛対策に効果的ですが、もっとも良いのはやはりサポート用品ではなく、椅子そのものを腰痛対策の椅子に変更してしまうことなのです。

長時間座っているということ自体、腰には結構な負担がかかる行為なのです。

そして、腰痛対策用の椅子は座っている姿勢を少しでもラクにできるように考えられてるくられているので、無理なく長時間座り続けることができます。

計算された正しい姿勢で腰痛対策

そしてまた、腰痛にならない正しい姿勢ということも、計算されて開発されていますので、腰の症状が改善されたという人もいるほどです。

ですから、椅子を交換することが、もっとも腰痛を和らげることに繋がると言えるのです。

だからこそ、つらい腰痛の悩みを抱えている方ができるのならば会社の人に話を通して、腰痛対策用の椅子に変えるのがいいでしょう。

Sponserd Link