腰痛持ちの女性ですが、保険に入れますか?

腰痛持ちの女性で、医療保険に入りたいけど入れるか心配ですよね?
医療保険は腰痛持ちの女性は入れないのでしょうか?

Sponserd Link

腰痛の人が医療保険に入る前にすること

医療保険に入る前に、まずは自分の腰痛の原因を知りましょう。

腰痛は症状名なので病名があります。
(例えば、慢性腰痛・椎間板ヘルニア)
整形外科で診断してもらえます。

保険に加入するときは告知義務があり、腰痛の病名を保険会社に知らせなければいけないので、まずは自分の腰痛の病名を知っておきましょう。

腰痛の女性は保険に入れる?

医療保険には色々なタイプがあるので、腰痛持ちの女性でも入れるものと入れないものがあります。

それを大きく左右するのは、腰痛の病名と現在の症状です。

医療保険に加入する時には告知義務があり、病名・症状・治療期間などを正確に保険会社に伝える義務があります。
(これを怠ると、保険金が支払われない場合もあります。)

女性の腰痛にも色々な病名と症状があるので、それを保険会社が審査して医療保険に入れるか決定されます。

 

慢性腰痛や椎間板ヘルニアなど比較的軽度の女性の腰痛なら、入れる保険も多くありますが、腰痛の原因が悪性腫瘍などの重度のものの場合は保険の加入は難しくなってしまいます。

まずは、色々な保険会社のプランナーさんに相談して、できるだけ条件の良い保険を提案してもらいましょう!

効果的な腰改善ストレッチ

腰痛を改善するためのストレッチ方法は色々ありますが、効果が高くておすすめのストレッチ方法は骨盤クランチという本に載っている方法です。

腰痛は骨盤のゆがみが原因の場合が多くあります。
この骨盤クランチは簡単にできるストレッチ方法で骨盤の歪みを整え、腰痛を改善します。

骨盤の歪みが直ると基礎代謝が上がりダイエット効果も得られるので、腰痛で悩む女性にオススメです!

>>腰痛も治る!「骨盤クランチ」の詳細はこちら

Sponserd Link