腰痛になりやすいタイプ
女性の多くが腰痛を抱えていると言われていますが、腰痛とは無縁の女性も数多くいます。 女性が腰痛になるのには理由があるので、腰痛になりやすい人となりにくい人がいるのも事実です。

もし、あなたが今腰痛を抱えていなくても「腰痛になりやすいタイプ」であれば今後腰痛を発症してしまう恐れがあるので、腰痛にならないための予防で腰痛を回避することができます! 腰痛にならないためにも是非チェックしてみてくださいね!

Sponserd Link

腰痛になりやすいのはこんな人

腰痛を抱えている人の多くは身体の動きに癖・習慣があり、何気ない日常の動作が腰痛を引き起こす原因となっています。

腰痛はある日突然やってきてなかなか痛みがひかない厄介な物なので、腰痛にならないためにも自分自身とあてはめ腰痛を起こしやすいタイプなのかをチェックしてみましょう!

チェック1:姿勢が悪くないですか?

腰痛を抱えている人は、まっすぐに立っているようでも鏡で自分の姿を写すと左右どちらかに傾いているのがほとんどです。 この他の「悪い」とされる姿勢には猫背・反り腰があり、いずれも腰への負担が大きいので腰痛を引き起こす原因になります。

 

また、椅子に座るときに足を組む癖がある人はとても多いと思いますが、この足を組むという何気ない動作が腰痛の原因にもなります。 足を組むと左右どちらかの足でバランスを取らなければならないので腰へのダメージがとても大きく、知らず知らず腰痛を発症してしまいます。

椅子に座るときは深く腰掛け、足は組まないようにしましょう。

チェック2:ストレスがたまりやすくないですか?

ストレスと腰痛、全く関係がないんじゃない?と思われがちですが、実は深い関係があるのです。

ストレスがたまることにより自律神経が乱れ、腰の周りの筋肉が硬直して血行が悪くなり腰痛を引き起こしてしまうので、ストレスが溜まりやすい人は腰痛を発症しやすいということになります。

チェック3:肥満気味ではないですか?

肥満に気味になると身体全体が重くなるので、通常の動作の全てにおいて腰への負担が2.5倍になると言われています。 肥満になると身体を動かすのが億劫になってしまうため筋力も低下し、更なる腰痛の悪化を助長してしまうので注意が必要です。

チェック4:腰への負担が大きい仕事をしていませんか?

人間は常に腰へ負担をかけながら生活していますが、仕事で長い時間腰への負担をかけ続けると腰痛をはっしょうしやすくなります。

・重い荷物をよく持つ人 重いものを持つときは、上半身を使っているようでも実は腰に一番負担がかかっています。自然と腰へのダメージを避けるために姿勢も悪くなり、腰痛を引き起こしやすくなります。

・座り作業が長い人 オフィスワークで座って仕事をしている時間が長い人も、何気なく座っているだけでも長時間腰へ負担をかけ続けていることになり腰痛を発症しやすくなります。

実は座っている方が立っている時より腰への負担は大きいので、適度に腰のストレッチをして腰痛予防をしましょう!

そり腰を治すクッション

残念ながら、そり腰はストレッチだけではなかなか改善できません。
何気なく座っている座り方も実は反り腰の人は悪い姿勢になっているので、正しい姿勢で座ることで反り腰を矯正することができます。

おすすめのそり腰矯正クッションは、ボディメイクシートスタイルというクッションです。

座るだけで正しい姿勢が身につくので頑固なそり腰が改善された!と口コミでも人気の矯正クッションです。

>>座るだけでそり腰改善!ボディメイクシートスタイルの詳細はこちら

Sponserd Link