労わり過ぎないで!運動不足が腰痛を招く新事実
運動不足が腰痛の原因になることは、あまり知られていない事かもしれませんが実は腰痛の原因の中でも運動不足は大きな割合を占めているのです。 特に女性は「家事で一日中動いているから運動しなくても大丈夫!」と敢えて運動をしなかったり、運動をするのが億劫な人も多いので意識的に運動をしている人は少ないです。 実は運動不足は腰痛だけでなく、老化にもつながってしまうのです。

Sponserd Link

運動不足が腰痛を引き起こす理由

運動が不足すると、筋力が衰えてしまい骨盤をサポートする腹筋・背筋をはじめとする様々な筋力が衰えてしまいます。 筋力が衰えると身体のバランスが崩れてしまい、姿勢が悪くなったり腰に負担がかかる楽な体勢を取りやすくなり腰痛を引き起こす原因となってしまいます。 また、運動不足によって筋力が低下すると基礎代謝も減少してしまうので、肥満体質になりやすくなってしまいます。 肥満になると体重が増えるので、腰に負担がかかり腰痛の原因となってしまいます。   まずは自分が運動不足なのかをチェックしてみましょう! 無題白-crop ✔チェック若い頃は運動をするのが好きだったのに、今はだんだん身体が重くなって膝や腰が痛いから運動はしなくなってしまった。 ✔チェック毎日デスクワークなので、なかなか身体を動かす機会がない。 ✔チェック家事・育児で家の中を忙しく動いているから運動は必要ないと思っている。 ✔チェックそもそも身体を動かすのが苦手なので運動はするつもりもない。   1つでも当てはまった人は運動不足です。 「運動」といっても、激しい運動をしなくても毎日ストレッチをしたりウォーキングをするだけで運動不足は解消されるので腰痛も改善されます。

腰痛を改善させる簡単な運動とストレッチ方法

一番のオススメは手軽にできるウォーキングです。 ゆっくり自分のペースで構わないので、毎日20分以上ウォーキングをしましょう。 全身の筋力がアップし基礎代謝も上がるので、腰痛改善だけでなくダイエット・美容効果など女性に嬉しいたくさんの効果が期待できます。 ウォーキングをするときは、背筋をピンとまっすぐに伸ばして姿勢を良くして骨盤を意識しながら歩くことで、骨盤矯正効果も得られますよ!

チェック 次にオススメなのは、ストレッチです。 ストレッチにも色々な方法がありますが、手軽にできる基本的な腰痛改善ストレッチを紹介します。 ①床に座り、片手を反対側の太ももの外側の床につき腰をゆっくりひねっていきます。 ②視線は頭の後ろに向けるようにして、可能な限り身体を後ろ側にひねります。 ③限界までひねったら10秒止めて、ゆっくり元の位置に戻します。 ④反対側も同じように腰をゆっくりひねってストレッチをします。   このストレッチ方法は、腰痛と深い関係のある腹筋と背筋を伸ばして血流を上げる効果があるので時間があるときは何度も行うことで腰痛が改善されますよ! [illust_bubble subhead=”腰痛の原因の8割は運動不足!?” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]運動不足による腰痛は、腰痛の原因の8割とも言われています。定期的に身体を動かし腰痛改善・予防しましょう![/illust_bubble]

Sponserd Link